ブログ

日中国交正常化45周年記念 舞劇「朱鷺」

日中国交正常化45周年を記念した
上海歌劇団の舞劇「朱鷺」。

そのレセプションパーティーの会場の装花を担当致しましたので
ご紹介させていただきます。

開演に先立ち、7月19日に監督はじめ、主演のお二人が来日され、
記者会見が行われました。

主演のお二人とオフィシャルサポーターの草刈民代さん。

今回は東京公演(Bunkamuraオーチャードホール・東京国際フォーラム)
をはじめ、名古屋・大阪と公演が続きます。

toki2

こちらがレセプション会場の一角。

toki3

この前で記者会見や日本・中国のメディアの取材が行われました。

 

toki4

高さ2.5メートルあるドウダンツツジに、
黄色のオンシジウムやあじさい・胡蝶蘭をふんだんに使い、
両国をつなぐ気持ちとして赤の柳を水引のように使いました。

 

toki5

高さ70センチのローテーブルの上に、
左右対称とならないようにガラスベースに大きく広げた翼のように
胡蝶蘭を飾ってみました。

toki6

中国では全土に放映されるらしく、
かなり多くのメディアが次から次へと入ってきていました。

toki7

「朱鷺」は、人間界に舞い降りた朱鷺と青年の愛の物語。

民族舞踊とバレエやモダンダンスを融合させた
上海歌舞団の踊りが鮮やかに映え、幻想美の世界に誘われ、
深い感動を見る方に与える上演となりました。

9月14日の大阪公演まで全19公演がございます。

ご興味のある方はhttp://toki2017.jp/index.htmlをご確認ください。

 

PAGETOP